終日航海(バルセロナ→ナポリ)

f:id:nishib:20180711162110j:image

f:id:nishib:20180711163623p:image

フリーSim

コルシカ島とサルジニア島のボニファシオ海峡を通過しました。

航海中は携帯の電波が届かないのでネットが繋がらないのですが、海峡通過中はバッチリとアンテナが三本立っていました。

因みに今回のフリーシムはアマゾンで事前に購入、旅行前日にシムをiPhone 6sに挿入しておくとバルセロナに着くと直ぐ使用可能になりました。

f:id:nishib:20180711164158p:image

日航海中は船内イベント等に参加することもありですが、疲れていたので、のんびりと過ごしました。

デッキ15のビュッフェにて軽めの朝食とランチを取りましした。

f:id:nishib:20180711164857j:image
f:id:nishib:20180711164912j:image
f:id:nishib:20180711164906j:image
f:id:nishib:20180711164853j:image

ワールドカップ イングランドvsチェニジア戦

デッキ15の船尾にスクリーンがあり、ワールドカップを映していました。乗客の多くはイングランドに大きな声援を送っていました。

f:id:nishib:20180711165517j:image

地中海に沈む夕陽とワールドカップ

 

バルセロナ発 終日クルーズ

f:id:nishib:20180710180259j:image
f:id:nishib:20180710180238j:image

バルセロナ エルプラット空港でEU の入国審査を受け(スムーズに通過しました。)預け荷物をピックアップして、専用バスで15分ぐらいでバルセロナ港に到着しました。

今回のクルーズ船はノルウェージャン エピック号で15万トン乗客数4100名の大型船です。

クルーズカード

先ず、港のチェックインカウンターにてパスポート、乗船チケット、クレジットカードを提出してクルーズカードを作成します。この時、顔写真も撮影されます。この後、船内ではクルーズカードがキャビンのルームキー、ID カード、船内クレジットカードになります。

キャビンの写真を撮るのを失念してしまいました。ミニスイートタイプでデッキ10階、中央より船尾側、エレベーターの近く、ベランダ付き、室内は22平米、バスタブ付き、ダブルベッドです。

f:id:nishib:20180710182721j:image

避難訓練

乗船後、キャビンで着替えたら直ぐに避難訓練のサイレンが鳴りました。集合場所のデッキ6まで階段を下り、受付をしてライフジャケットのつけ方等を聞いて終了です。

この後、午後6時に出港となりました。

f:id:nishib:20180710184058j:image

港では他のクルーズ船のお客さんがベランダに出て手を振ったり、口笛を吹いたりして見送りしてくれました。

f:id:nishib:20180710184744p:image

船内レストラン

長旅で疲れたので、ツアーに参加の皆さんとは別に夕食をいただきました。船尾で西に沈む夕陽を観ながらの食事でした。

f:id:nishib:20180710185952j:image

f:id:nishib:20180710190121j:image

デザートはピスタチオのフラン とっても甘かったです。
f:id:nishib:20180710190125j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月以降に飲んだワイン

 今回の旅行は初めてのヨーロッパ、初めてのクルーズ、久しぶりの団体ツアー(添乗員付き)です。

 ドーハ経由の南回り、長時間のエコノミークラスでバルセロナに着くまでに夫婦して疲れてしまい、リアルタイムでのブログのアップロードが出来ませんでした。

 クルーズ寄港地では連日30℃を超える気温の中でのハードでタイトなスケジュールでしたので、帰国してからも疲労が蓄積しているのか記事が進みません。

とりあえず中休みとして3月以降に飲んだワインを記事にします。

f:id:nishib:20180701004431j:image

ブシャール ・フィンレーソンガルピンピーク ピノ・ノワール2013

未だ若いので深みに欠けるが、10年熟成を待てば、偉大ななブルゴーニュに近ずくポテンシャルを予感させる残糖分やアロマを持った南アフリカを代表するワイン

f:id:nishib:20180701004437j:image

ゴールデンウィークは近場で那珂川すい遊園(淡水魚水族館です)孫と一緒に

f:id:nishib:20180701004455j:image

尺オーバー岩魚水槽の前で

f:id:nishib:20180701004631j:image

Chラグランジュ2002

未だ若いので、濃赤紫色、適度なタンニンだが若干の酸が少し邪魔をしているかも。
f:id:nishib:20180701004618j:image

コアジサイ

散歩をしていると杉山の林縁にて可愛く咲いていました。
f:id:nishib:20180701004637j:image

Chグリュオラローズ2002

このワインも未だ若いので、十分開くまで時間がかかりました。濃い赤紫色、フルーティだが濃厚でバランスがとれたワイン。
f:id:nishib:20180701004612j:image

Chシャススプリーン2009

飲み頃を待てないで、ついつい開けてしまうお気に入りのボルドーオーメドックのクリュブルジョワの王、若いがただ美味しいの一言です。
f:id:nishib:20180701004606j:image

レスプリドシュバリエ ブラン2010

後5年待つべきワインですが、今でも十分美味しいです。ブルゴーニュとは趣を異にした手軽に楽しめるボルドーブラン。

 

 

 

ドーハ ハマド空港からバルセロナへ

f:id:nishib:20180707092149p:image

この飛行機もほぼ満席です。周りの席はオーストラリアの女子水球チームとグリークラブの団体様です。

f:id:nishib:20180625194636j:image

f:id:nishib:20180626011108j:image

機材はA340-600で、777よりも座席間隔が少し狭いです。

ドーハを8時05分定刻どおりドアクローズしましたが、テイクオフまで約40分かかりました。

1時間後に本日2回目の朝食(機内食)です。ドーハ到着前の朝食と基本のオムレツで同じようでした。

f:id:nishib:20180625194648j:image

バルセロナまで約7時間は多少キツイとは思っていましたが、前席(エマージェン席)の大柄な外国人女性がリクライニングをフルで倒してきたので、ストレスがたまりました。食事の際はリクライニングを戻すよう頼みましたが、食事を終える頃、突然リクライニングをフルに倒すのでバルセロナまでの7時間はストレスが溜まりました。

f:id:nishib:20180707092322p:image

f:id:nishib:20180626011445j:image

バルセロナ エルプラット空港に到着しました。

 

 

 

初めてのヨーロッパ 地中海クルーズ

f:id:nishib:20180616210655j:image

成田発22時20分カタール航空807便(777-300)ドーハ経由でバルセロナに向かいます。

久しぶりの成田第2ターミナルです。ワンワールドのラウンジは使えないので、吉野家で軽い夕食を済ませました。

カタール航空807便はほぼ満席となっており、空席で横になることは無理そうです。

離陸後1時間ぐらいで食事が出ましたが、最後の配膳なので和食はセレクトできませんでした。因みにワイフは夜食は抜きです。

タラのクリーム煮、まずまずのお味でした。

f:id:nishib:20180617111711j:image

到着2時間前に朝食です。朝は最初の配膳です。夜と朝でバランスをとった配膳でした。💮

f:id:nishib:20180617111705j:image

機内の様子

f:id:nishib:20180617111717j:image

飛行経路のモニター

今回の航路は上海からミャンマーを通りバングラデシュ、インド、パキスタンヒマラヤ山脈の南経由でドーハでした。

f:id:nishib:20180617111659j:image

定刻より1時間早くドーハに到着。沖どめでした。バスで移動後、セキュリティを通って、中央広場からラウンジに向かいました。

f:id:nishib:20180617111359j:image

f:id:nishib:20180617111535j:image

 

今回はプライオリティパス利用でアルマハラウンジです。受付で右手はカタール航空オリックスラウンジ、左手がアルマハラウンジです。

アルコール類は置いてありませんが、頼めば持って来てくれます。残念ながら野菜や果物が少ない(ほぼ無い)です。席もあまり多く無いので、空席を待つこともあるみたいです。

f:id:nishib:20180617111540j:image

f:id:nishib:20180617111604j:image

f:id:nishib:20180617111616j:image

スタッフに頼めばトマトやオムレツも作ってもらえます。

f:id:nishib:20180617112622j:image

フルーツも後から追加されました。f:id:nishib:20180617121423j:image

 

 

 

 

バンコク滞在記 (その2)

f:id:nishib:20180413174549j:image

イル ブリッコ バルバレスコ2010年ピオ チェザーレ フレッシュホワイトアスパラガスをグリルして半熟タマゴ❓(本当ならソースベネディクト)と和えて

 あと10年置くと素晴らしいワインに、あえて早飲みしましたが、それなりに美味しいワインでした。少しタンニンが強く出ていましたが

バンコク2日目

バンコクの2日目は、ホテルのプールでリラックスしました。6階にプールがあり、多くがプールサイドで日光浴をしています。子供達はプールではしゃいだり、泳いだりしています。此処でも宿泊客の多くが欧米系であり、地元のタイ人やアジア系は少数派です。

f:id:nishib:20180413181230j:image

f:id:nishib:20180413181234j:image

f:id:nishib:20180413181246j:image

この日の夕食はホテル最上階36階にある中華レストラン「シルヴァーウェイブ」です。バンコクの夜景を眺めながらのディナーでした。

f:id:nishib:20180413212457j:image

f:id:nishib:20180413212310j:image

f:id:nishib:20180413212329j:image

f:id:nishib:20180413212542j:image

f:id:nishib:20180413212725j:image

帰国編

バンコクの3日目、帰国便はミッドナイトフライトなので、ホテルはレイトチェックアウトをお願いしていました。15時にチェックアウトです。それまで少し外歩きをしました。アジアンチックなお土産を探しにマンダリンオリエンタルの近くのお店を見て回りましたが、工藝品は意外とお値段が張るものばかりでした。

朝食ビュッフェの後、シャトルボートでサパーンタクシンピアまで行き、そこでマンダリンオリエンタルのシャトルボートを呼んでもらって、マンダリンに行きました。やっぱりマンダリンオリエンタルは最高ですね、

f:id:nishib:20180414010343j:image

f:id:nishib:20180414010352j:image

f:id:nishib:20180414010409j:image

15時のチェックアウト後は2時間ぐらいホテルのラウンジで過ごし、スワンナプーム空港まではタクシーで移動することにしました。

f:id:nishib:20180414011544j:image

ホテルから乗ったタクシーは少し汚れていたので心配でした。案の定、運転手のガラはよくありませんでした。メーターは面倒なので少し高めですが500バーツで決めました。やはりバンコク市内も高速も渋滞で1時間強かかりました。

f:id:nishib:20180414011614j:image

空港に到着してタイ航空のカウンターに行きチェックイン、ここで帰国便が大幅にディレイしていることがわかりガッカリです。その後、手荷物検査場へ、今回はここで靴まで脱いでの身体検査です? イミグレを無事通過してタイ航空のロイヤルシルクラウンジへ、ラウンジは結構広く、落ち着けるスペースでした。軽食はトムヤムクンがおススメですよ!しかし2時間近いディレイのため、搭乗ゲートに近いプライオリティパスのラウンジに移動しました。こちらのラウンジは明るい作りですが、係員の質はタイ航空のラウンジと比べて落ちます。

今回は2時間のディレイでラウンジの写真を撮る気力が失せました。

翌朝、無事に羽田空港に到着しました。

 

 

 

 

 

バンコク滞在記

f:id:nishib:20180413162844j:image

シャトルボートからみたチャトリュウムリバーサイドバンコクと隣は工事中のリッツカールトンです。

プーケットからバンコクへはタイ航空国内線で1時間で到着しました。帰りの便でもブリトーが軽食で出されました。結構美味しいですよ。

昨年11月以来の2回目のバンコクです。前回は始めてという事でホテルリムジンで市内に移動しました。

今回はスワンナプーム空港からタクシーか鉄道で移動することを考えていたので、先ずは安全なエアーポートリンクで市内のホテルに移動することにしました。事前の調べではノンストップの特急があるという事でしたが、現在は各駅停車しか無いということでした。トークンを購入してプラットホームへ約30分列車に乗り、終点のパヤタイ駅からは駅を出て直ぐ近くのBST駅で乗り換えします。2駅目のサイアム駅で乗り換えて5駅目のサパーンタクシン駅で降ります。駅を降りて下の道路に出ると目の前にサパーンタクシンピア(桟橋)が有ります。ホテルのシャトルボートが来ますので、ホテル名を確認して乗ります。

f:id:nishib:20180413165744p:image

チャトリュウムリバーサイド バンコク

ホテルはチャオプラヤ川沿いにある「チャトリュウリバーサイドバンコク」に2泊しました。部屋はグランドスイート1ベットルーム リバービュー70㎡で21階でした。北側にリッツカールトンが建設中ですが、あまり気になりませんでした。

f:id:nishib:20180413171903j:image

f:id:nishib:20180413171912j:image

リバーサイドのオープンテラスにて夕食ビュッフェをいただきました。ステーキや鯛の姿焼やエビのグリル、刺身からタイ料理と、デザートもいろいろあって、孫は大満足でした。

f:id:nishib:20180413172737j:image

f:id:nishib:20180413172757p:image