読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SFC申込みとゴールデンウイークのワイン

f:id:nishib:20170509201622j:image

プラチナ事前サービスと同時に自動でANAからSFCの登録申込書が来るものと勘違いしていました。ホームページからSFC会員登録の申込書の請求をしなければ、いつまでたっても会員登録出来ないよ〜   と気がついて解脱から数日置いての申込み請求となりました。7月のシンガポール行きは孫と3人なのでワイフを家族会員登録して一緒にラウンジ利用が出来るようにします。

ゴールデンウィークのワイン

連休中は娘と孫、息子の孫が我家に泊まりにきました。2人きりの静かな日常から孫4人の賑やかな(笑) 多少疲れる3日間でした。

初日のワイン

f:id:nishib:20170509203117j:image

chプチムートン1996

ボルドーセカンドの中では、レ・フォールド・ラツールの次に好みのワインです。ワインも20歳を超えると大人の風格というか十分な熟成によりタンニンがこなれたうえに微妙なアロマや残糖を感じさせるエレガントなワインでした。ちなみに1993年のファーストリリース時はル・セゴンド・ムートンとなっていました。(未だ開けていないですが)

f:id:nishib:20170509204619j:image

メインはラムラックのロティ

2日目のワイン

f:id:nishib:20170509204736j:image

スパニィシュのワイン

アレンザ・グランレゼルバ1999

アレハンドロ・フェルナンデスが造るリヴェラ・デ・ドエロのテンプラニィーニョ100%をオーク新樽100%で5年熟成させたリリースされるワイン。シーダの香りと共にベリー系やスパイスの香り、昨日のプチムートンと比べても十分対抗出来る深い味わいのワインでした。娘とワイフはプチムートンよりもこちらの方が優っていると評価しています。

f:id:nishib:20170509232642j:image

トマトとチーズと生ハム、パンはドライイチジク入りです。

3日目のワイン

f:id:nishib:20170509232948j:image

chコス・デストーネル1999

ボルドーサンエステーフ村のスーパーセカンド、ヴィンテージに左右されることのないバランスの良いワインです。こちらもブラックベリー系の香り、エレガントな口当たり、果実味の余韻が残るワインでした。

f:id:nishib:20170509234048j:image

チコリと熟成させたカマンベールチーズで、いただきました。

4日目のワイン

f:id:nishib:20170509234209j:image

4日目はカルフォルニアワインです。ナパバレーのカベルネソーヴィニヨン

ハインツセラー・トレイルサイドヴィンヤード1998 ボトリング2002年3月

このワインもブラックベリー系の香りとシーダの香りが際立っています。深いガーネット色、熟成されたタニックな、カルフォルニアのカベルネらしいワインでした。

f:id:nishib:20170510005736j:image

料理はマンネリ化しています?

 5日目 日本酒(台湾経由の獺祭)

娘と孫が帰ったので夫婦だけ

日本酒で乾杯

f:id:nishib:20170510010323j:image

f:id:nishib:20170510010333j:image

人参のラペ(ブラッドオレンジ和え)、ロメインレタスのシーザーサラダシーザーサラダ、生ハムとカマンベール

ムラサキツユクサ

f:id:nishib:20170510011008j:image

黄色→白→ピンク→季節は青系の花に移って行きます。

追記

連休中、夜空は雲が出て星がなかなか見えませんでしたが、土曜日には雲が少なかったので、望遠鏡を引っ張り出して孫たちに月と木星を見せました。

木星はしま模様とガリレオ衛星がよく見えました。

f:id:nishib:20170510024308j:image

ネットからの画像借用です。