読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国国際航空についての記事

(ヤフーニュースより抜粋)

新千歳空港で暴れた中国人乗客」騒動の真相

12月22日から24日にかけて大雪に見舞われた新千歳空港では航空便の欠航が相次ぎ、一時、1万6,000人もの人々が空港に足止めされた。空港ターミナル内で寝る場所や食料が十分にない中で3日間にわたって空港ビル内で滞在を余儀なくされた人も多く、空港は大混乱になった。
 この空港の大混乱で最も注目されたのが、中国人が飛行機が飛ばないことに抗議して警察が出動する大騒動になった、というニュースだ。

乗客の不満を招いた航空会社対応の不備

 23日16時頃、中国人観光客の50代くらいの男性が中国国際航空の日本人スタッフに事情の確認と要求をした。この中国人男性の声が大きかったことから、日本人スタッフが警察官を呼んだ。ただし、この時抗議をした中国人乗客の要求は理路整然としていて、出発を待っている人の中には高齢の人や病気を抱えた人がいる。空港内の売店では食べ物が売り切れていて手に入らないし、空港ターミナルは深夜、暖房が切られとても寒くなる。生後10か月の乳児を抱えた人もいて、ミルクをつくるためのお湯も手に入らない。もし、23日中に出発できず今晩も一泊しなければならないのなら、航空会社がホテルを手配してほしいという要求だった。警察官も丁寧に中国人乗客らの話を聞いたが、警察側はどうすることもできない。18時過ぎに中国国際航空の中国人責任者が現場に姿を現したが、結局、乗客が満足するような対応はしてくれなかったという。

12月22日、大雪による遅延の発生とふりまわされた乗客たち

 22日午後から、新千歳空港では午後から雪の影響で航空便が軒並み欠航となった。13:50発予定の北京行の中国国際航空のCA170便も欠航となったが、欠航の決定は夜になってからだった。欠航が決まった後、中国国際航空は欠航便の乗客に対して翌日8時に、チェックインを再開する旨をアナウンスした。このため、翌朝のチェックイン再開に備え、同便を予約していた多くの人がターミナル内で一夜を過ごした。
 しかし、23日朝、前日に案内された時間にはチェックインをしても搭乗案内が一向になく、北京行きの乗客たちは空港内で待たされ続けた。23日午前には上海行きの便や台北行きの便など、22日欠航となった他の国際線の飛行機が次々に出発する中、北京行きのCA170便は午後になっても出発の目途が立っておらず、搭乗口で待たされ続ける乗客たちの不満とイライラは募っていった

今回の一件は、必ずしも中国人の「民度」が低いから起きたとは言い切れない。騒動の背景には中国国際航空の乗客配慮に欠けた国有企業体質的なサービス、新千歳空港の国際線キャパシティの問題、それと日本人と中国人双方が潜在的にもっている相手に対する不信感、といった要素があり、それらがビッグ・イレギュラーに直面して問題を噴出させたことが原因だ。

4月の中華国際航空利用のSINタッチを考え直す

記事を読んで、自国民の対応さえも十分できないCAを利用したSINタッチに不安を覚えました。moonbow5さまのように何事もなければ良いのですが、やはり自分は語学に自信がないのでCAは止めにします。

4月から5月のゴールデンウイークの修行は、ANAでSINタッチに決まりそうですが、前後にOKAタッチを付けるか、後にOKAタッチを付けるか、1泊3日(ホテル1泊・機内1泊)にするか、0泊3日(機内2泊)にするかを比較検討しています。

スパニシュワイン

f:id:nishib:20170120003304j:plain

エルビングロ GR2004   スペイン、ラマンチャにある、アレハンドロ・フェルナンンデスがつくるワイン。テンプラニーリョ100% 甘みとタンニンのバランスがとれた美味しいワインでした。